中節骨剥離骨折 体で一番多い骨折

中節骨剥離骨折

 

骨折は色々な場所で起こりますが、

体全体でどこの骨折がもっとも多いか!?

と聞かれると、

 

「手の中節骨剥離骨折」だと思います。

 

小学生から大人まで。

ちょっとしたことで本骨折は発症します。

 

  • 突き指だと思ったけど。。
  • けっこう腫れているし、念の為に受診

 

という方に多いですね。

 

病態

 

画像は中節骨剥離骨折です。

 

受傷時に第2関節(PIP関節)にある

掌側板という組織に骨が引っ張れて、

骨が剥がれる骨折です。

 

 

患部の状態の傾向

 

  • 皮下出血
  • 腫れ
  • 圧痛
  • 屈曲制限

 

などが出現します。

 

骨折と突き指

 

 

判断方法は

  • 屈曲制限があるか
  • 腫れがあるか

 

で良いです。

 

圧痛の場所も掌側(手のひら側)なのかは大切です。

 

屈曲制限があって、腫れていたら疑う

腫れていても完全に曲がるなら突き指の可能性が極めて高い

 

そのような感じで見極めてください

 

診断方法

 

レントゲン検査でわかります。

正側面像という真横からレントゲンとればわかります。

正面から撮影しても本骨折はわかりません。

 

斜めになると見逃すかもしれません。

 

なお、エコーでも骨折線は把握できるため、

治療院でエコーがある方は有効活用ができるかと思います。

逆に評価に興味がある方はエコーで調べられるということを知っておくとよいでしょう。

 

治療方針

 

固定を2週間が基本としてます。

無理すると腫れが続いて症状が残存している方も経験してます。

 

2週間の患部安静が予後に影響している気がします。

骨折形態によっては3週間固定ですが、

PIP関節は拘縮が起こりやすいので注意しましょう。

 

なお、脱臼骨折の場合は手術適応のケースもありますので、

注意してください。 ※骨片の大きなど

 

テーピングで対応している文献などもありますが、

大きな支障はないようです。

 

まとめ

 

頻繁な骨折ですが、

突き指として見落とさないようにすること、

骨折なら腫れが引くまで、屈曲制限がなくなるまでは、

負荷をかけないのが望ましいです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です